上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 雪渓を滑りながら下山してきたので、登りに要した時間の半分ほどでリフト乗り場に着いた。キャラバンシューズの中は完全に水没していて、一歩を踏みしめるたびに『グジュ』と音が聞こえてきこそうだった。両足共に最悪の環境におかれていた。
 荷物を預けているユースホステルに戻り、早々にキャラバンシューズを脱ぎ靴下を履き替えた。
「やっとすっきりした」
 夏樹が思わず大きな声を出してしまった。
「ほんまやなあ、うちなんかパンツまで濡れてしもうたがな」
 タコさんが大きな声で言った。
「あんた、スキーが得意やったんとちゃうかいなあ。雪の上で何回も転んでたやんか」
「何お言うてんのよ、イカもスキーが得意やなかったかいなあ。お尻が完全に濡れてまっせ」
 二人の会話は常におもしろかった。
 福岡の大学生と大阪から来た一人旅の女の人は、バスの時間があるからと荷物を持ちバス停に向った。
「じゃ、良い旅を」
「また、どこかで会えるとええねぇ」
「大阪に帰ったら手紙書きます」
 一人旅の女の人が手を振りながら言った。
「大阪で今度、三人で飲もうなあ」
 手を振りながらタコさんが言った。バス停へ向う二人を、お笑い三人組は見送った。

「ヒゲさんはこの後の予定は急がへんのやろ、一緒に昼食を食べようよ。ユースホステルでお湯をもらって、カップラーメンをご馳走するから」
 タコさんが提案した。
「ええよ、おぉきにぃ、いただきます」
 カップラーメン用のお湯をお願いすると、お湯の入ったポットと、おにぎりを三個持ってペアレントさんが来た。
「わあ、おぉきにい、ありがとうございます」
 イカさんが手を合わせて言った。
 イカさん、タコさん、ヒゲさんのお笑い三人組みは、昼食を食べながら旅の話し、バイクの話しをした。イカさんは今のバイクの前に夏樹と同じGSX250のシルバーに乗っていたこと。そのバイクのシートが放火されて廃車してしまったことを聞かされた。自分の分身のようなバイクに火を点けられるやなんて、とてもショックだった。そんなイカさんとはずっと前からの友人のような気がしてきた。
(現在でも年賀状をいただいています)


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2014.06.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/665-992fb001

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。