上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 士別までは広く、ほぼ真っ直ぐの道を走った。天気は久々に温かく、いや暑いぐらいに夏らしい気候だった。士別からは国道239号線を西へ走る。道の両側は畑が広がる農村地帯、さらに進むと低い山々が左右に広がり、緩やかなカーブの上り下りが続いた。交通量は少なかった。古丹別というところからは目の前に太陽が現れ、それに向って走る。海が近いのか夏樹に吹き付ける風が心地良かった。日本海沿いの苫前に着くころには、だいぶ陽も傾き海へ沈む日没を見ることができるかも知れない。
 国道232号線を少し南へ走ると力昼駅があった。船長の家で聞いてきた情報通り小さな駅舎に、畳二枚が敷かれた部分があった。思っていた以上に狭く、なんとなくここで寝ることに抵抗があり、地図を開くと力昼駅の近くに苫前グリーンキャンプ場(グリーンヒルキャンプ場?)があることを知り、そこにテントを張ることに、三日ぶりにキャンプをすることにした。
「あつ、米がないんやった。米屋さんを探さんなあ」
 力昼駅を出て北へ向かうと、まもなくキャンプ場は見つかった。しかし、夕飯用の米と食材を求めてさらに北へ向かった。数店の店が見えてきた、その中に米店を見つけすぐにバイクを横付けした。
 店内には精米して袋詰された米が何種類か売られていたが、一番少ないものでも5キログラム入りだった。バイクにつんで走るには少々多かった。
「すいませんが、1キロ入りってないんですか・・・」
「あらぁ、そんな少ないのはないねえ」
 店の奥さんだろうか、少し背中が丸く、お婆さんと言っても怒られないであろう女の人が店の奥から出てきてくれた。
「バイクに積んで走るんで、5キロはちょっと多いんです」
「じゃあ、家の分を分けてあげるよ。1キロでいいののね」
「えっ、いいんですか、すみません、ありがとうございます。助かりました」
 そう言ってその女の人は半透明のビニール袋に、米用のカップで二杯入れハカリで量って渡してくれた。
「じゃ、500円でいいよ」
「いや、こっちの5キロいりは、キロ530円ですよ」
「そんなこと、いいから。ところで、どこに泊まるんだい」
「すぐそこのキャンプ場です」
「なんか、おもしろそうやね」
「はい。おぉきにぃ、どうもありがとうございました」
「気をつけてね」




・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2014.07.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/667-1c3a219f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。