上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑



 飛鳥。明日香とも書くようだ。
 四人は田代先生の旅の話を聞いたり、大学生たちと過ごした昨夜の話しをしたりしていた。ガイドブックに乗っている観光地を順に回りながら。でも、観光地のことなど何も覚えていなかった。

 吉野の山の上は、日没ともなると、気温が下がり、日中よりはかなり体感温度が低く感じられた。
「ちょっと、寒いなあ」
「先生は年やから、無理せんようにしてくださいよ」
「逢坂、バカにするなよ、まだそんな年やないで、お前かて,けっこう寒そうやないか」

 吉野山のケーブルを降りて、みやげ物屋が並ぶ道を通りすぎたところに、喜蔵院ユースホステルがあった。古いお寺で、宿坊の一部をそのまま、ユースホステルとして運営している。きのうとは違い、畳の部屋に各自で布団を引いた。同じ部屋には夏樹たち五人だけだった。少しカビ臭かった。
 夕食は肉と魚は、一切なかった。いわゆる精進料理である。本堂の横にある和室の部屋がユースホステルとしての食事の場所で、一人づつのお膳に精進料理が配膳されている。
 
「今日はなんか寂しいなあ、飯もやけれど、人もあんまり泊まってへんなあ」
 食事を食べながら、岡村が小さな声で隣にいた安達に言った。
「そやから、いろんなユースホステルがあるって、先生かて言(ゆう)てはったやろ」
 この日の宿泊者は、夏樹たちのほかには五人で、外国人の人、夫婦の人、みなさんが田代先生よりも年配の方々だった。
 食後のミーティングもなかったので、四人だけでみやげ物屋界隈をぶらぶらと歩いていた。先生はさすがに疲れた様子だったので、ひとりユースホステルの部屋において来た。

 初めてのユースホステル部の旅行は無事に終わった。

  ランキングに参加しています
  下をポチッとクリックしてください。ご協力お願いします。
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
スポンサーサイト
2008.09.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/67-284f3b61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。