上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 日本海に出た。ここから海沿いを北へ向かう。未舗装道路が多いが砂利が踏み固められていて、オンロードのバイクでもそれなりにスピードを出して走ることができた。
 北へ向うことで再び強い東風が吹きつけ、とても走りにくい状況になった。さらに雲行きが悪くなってきた。この先は雨が降っているかも知れない。午前中はとても良い天気だったのに、またバイクにとっては過ごしにくい日になっていくのだろうか。
 天気はあまりよくないが、対向車も少なく、追い越して行く車もいなかった。周りの風景は視界を遮る山や木がなく、どこまでも続く平原を走り、北海道らしさを堪能させてもらっている。
           
                 抜海

 どこまでも海沿いにバイクを走らせ、ノシャップ岬を目指す。広い道路から離れて水族館の裏に『ノシャップ岬』の看板を見つけた。どこの岬もそうだが、地図で見るように尖った地形の岬には、あまりお目にかかることはない。ここも案内版がなければ、岬とは気が付かなかっただろう。
 そうそうに日本最北端の宗谷岬へ向った。稚内の市街地に入るころには霧雨が降ってきた。市街地を抜け国道238号線に入り、宗谷湾沿いを走っているときは東からの向かい風になり、霧雨とともに襲い掛かってくる。悪戦苦闘しながら前に進んだ。
 突然、日本最北端の案内版が視界に入って来た。宗谷岬に着いたようだ。何の気なしに走っていれば、見過ごしてしまいそうなぐらいに尖っていない地形だった。まずは最北端の碑の前で記念撮影をした。
『流氷とけて、春風吹いて・・・』どこからだろうか、スピーカーから流れている。エンドレスにこの曲が岬周辺で聞こえていた。最北端を明るくピーアールしているようだ。最東端の根室もここと同じく日本の端っこなのだが、あちらは北方領土があるために本当の端っこではない。歴史的に明るくピーアールはできないようだ。
 霧雨が本降りの雨になる前に何処かへ非難することにしようと、今日の泊まり先を探すにした。

                   宗谷岬

・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2014.07.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/670-5c379c21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。