上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「近くの牧場で、アルバイトって・・・、俺もやってみたいなあ」
「この近くに何軒も牧場があって、どこもこの時期は忙しいから、使ってくれると思いますよ。俺の居たところは、ひと段落したので帰って来ました。ここにいると、求人の情報が入ってくるので、見つかるまではこのユースホステルに滞在です」
 そう言って乾してあった洗濯物を取り込み始めた。
「俺もやってみたいんやけど、次に行くところは決まってはんの」
「いや、俺は三日後にとりあえず一日だけ、今まで居たところに頼まれていますが、さっきここのペアレントさんに聞いたのですが、しばらくはないようです」
「しばらくって、どれぐらい・・・」
「わかりませんがすぐに求人が来ますよ。ただ三日ほどはないと思いますよ。天気予報では明日も、あさっても雨ですから、雨だと仕事ができないんです」
「そうかあ・・・」
「俺は、生まれは東京なのですが、北海道に憧れて札幌の大学に入りました。それで、ゼミの先輩に牧場での話しを聞いて、やってみたかったし、今が一番忙しいからと言うことで、きました」
 小柄で頭髪はスポーツ刈りの彼は札幌の大学一年生、夏休みはまだなのだが、単位はほとんど取れたし、まだ一年生だからと言うことで、そんなに頑張らなくてもよいからと、ここに来てしまったようだ。

やってみたいことは、やれる時にやる。同感である。

「こんにちは」
 突然ドアが開き、明らかに関西弁を話す男が入って来た。
「どうしやはたんですか、別に脅かそうと思て、入って来た訳やないんですけど」
「いや、突然やったからびっくりしただけや」
「おや、こちらの方も関西ですか。わし、大阪から来ました、森山って言います」
 あまり背は大きくなく、華奢な男は、ちょび髭を蓄えて居た。
「夏樹です、ずいぶんと日に焼けたはるねえ」
「わし、自転車で廻ってますからねえ」
「モリさん、お疲れ様でした」
 大学生が笑顔で迎えた。
「あれ、知り合い」
 彼ら二人は、一緒に牧場で働いていたというのだ。
「そうですねん、彼の紹介で一緒に行ってましたんや。これから二日ほどは、ここでゆっくりと寝ます。なんせ牧場の朝は早いからねえ、慣れへんもんには、ちょっときつかったですわ」
 そう言って森山は、自分の荷物を置いていた窓際の下のベッドに潜りこんだ。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2014.08.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/672-3d45014a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。