上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 北海道に上陸してちょうど二十日目の朝は曇っていた。雨は降っていないが、昨日のようにいつ降ってくるかわからない空模様だった。天気が悪いとバイクに乗って走る気分が少し落ちる。窓の外のどんよりとした空を見て再び布団にもぐりこんだ。「急ぐ旅でもないし」とのんびりと朝を過ごしてみたくなった。
 目を覚ました時にはもう七時半になっていた。朝食の時間が終わってしまう、慌てて起き上がると同部屋の人たちは誰もいなかった。荷物もない、もう出発してしまたっのだろうか。顔だけを洗い食堂へ行ってみると、バイクの大学生だけが食事をしていた。
「おはようございます。ちょっと寝坊をしてしまったみたいや・・・」
「おはようございます。他の人たちはもう出かけましたよ」
「やっぱり。四人組みの人たちは仕事やし、バイクのお二人は苫小牧まで行ってフェリーやって言うてはったしなあ。あんたは、今日はどうするんですか」
「宗谷岬まで行って、それからは考えていません。夏樹さんは」
「札幌にキャンプ用品店てあるかなあ、ガスコンロのガスがもうないから買えるところに行きたいんやけど」
「ありますよ」
 そう言って住所と簡単な地図を書いてもらった。
「夏樹君、おはよう。今まで寝ていたのかい」
 ペアレントさんが声をかけてきた。
「すみません、天気がよくないんで、ちょっと寝坊をしてしまいました」
「だいじょうぶ、まだ八時になっていないから」
 にこりと微笑んで厨房へ入って行った。早々に朝食を食べ終え、部屋に戻って荷物をまとめた。
 空一面に薄い雲が広がり、雨を降らせるようでもなく、晴れるようでもなく、しばらくは曇り空が続くようである。
「それじゃあ、気をつけて。またどこかで会えるかも、行ってきます」
「行ってらっしゃい」
 ペアレントさんが見送ってくれた。バイクの大学生は北へ、夏樹は南へバイクを走らせた。
 国道232号線を南下してすぐにベーカリーショップを見つけた。地元の人には申し訳ないが、この地には少し似合わないほどのお洒落な店だった。ある情報によると京都人はパンが好物だと言う、夏樹も甘いチョコやクリームの入ったパンが好物だ。店先にバイクを停め、寄ってみることにした。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2014.10.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/679-1fbde43c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。