上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 札幌から真南に走る。札幌の市街地を出たころから霧雨が辺り一面に濃く広がり、数メートル先の状況がよく分からない。さすがに車もゆっくりと走っている、その後ろを見失わないように付いて走った。周りの景色はまったく見えなかった。
 やがて霧が少しずつ晴れ、周りの状況が見えてきたころに支笏湖に着いた。霧は晴れたが小雨は止むことはなかった。
 観光シーズン前の平日、人影はなく湖に浮かんでいるはずの貸しボートは全て陸に上げられ、底が天を向いていた。地図を確認すると、湖畔沿いを東に進み、ホテルや遊覧船乗り場の少し先にモラップキャンプ場がある。小雨は止みそうにないが、水場の大きな屋根の下などにテントを張ることができないだろうか、なんとしてでも今夜はテントを張りたい。経費節約のためだ。
 モラップキャンプ場は、支笏湖畔に広がる大きなキャンプ場で、道路からすぐのところに木造の管理棟があり、テント一張り250円を払った。
「雨降りなんで、あそこに見える屋根の下にテントを張ってもいいですか」
「いいですよ」
 ゆっくりとバイクを走らせキャンプ場内を進んだ。家族用の大きな貸しテントが何張りもあり、ロッジも数棟あった。その奥の屋根の付いた水場へ向った。管理棟からは見えなかったが、屋根の下にはすでに先客がテントを張っていた。残念。さらに350円を払ってロッジに泊まろうか、いやこの大きな貸しテントの中に泊まろうか、管理等へ向った。
「今日は人がいないから、貸しテントに泊まると料金が違うけど、その中に持って来たテントを張るのならいいことにしますよ」
 管理棟のおじさんは笑顔で応対してくれた。
「おぉきにぃ、ありがとうございます。じゃそうさせてもらいます」
 管理棟で売られていたカップ麺を買い、大きな貸しテントに向った。このテントならバイクごと中に入ってテントを張ることができた。飯を炊き、今夜はラーメンライスと、缶ビールを1本、小雨が相変わらず静かに降り続いていたが、何の心配もなくキャンプをすることができた。
「あしたは晴れるかなあ・・・」

                          支笏湖キャンプ



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2014.11.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/682-29c2f8d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。