上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 国道36号線を室蘭へ向う。ガイドブックにある名勝地、地球岬へ行ってみる。高さが100メートルもある断崖絶壁が14キロメートルも続くのだそうだが、あいにく天気が悪く、霧がかかりよく見えない。天気のよい日に訪れていたら、もう少し感動できたのだろうか、写真も撮らずに走り去ってしまった。
 国道をさらに西へ洞爺湖方面に向う。道端に無人のコイン食堂を見付け、少し早いがここで昼飯を済ませることにした。値段は忘れたがきつねうどんを食べた。雨降りの中を走り、冷えきった身体にはちょうど良い昼飯となった。食べ終わったころに合羽を着てヘルメットを片手に持った男が店に入って来た。
「こんにちは、表のバイクの方ですか。雨の日はこういう店が入りやすくて、いいですね」
「どうも、こんにちは。そうやねえ、合羽のままでも大丈夫やしね。合羽を脱いでとなると、めんどくさいし・・・」
 その男は有給で会社を休み、一週間の日程で今朝、横浜からフェリーで苫小牧に着いたと言っていた。夏樹より少し年は下のようだった。
「今日はどこまで行くんですか」
「北海道を時計回りに一周してやろうと思うので、できるだけ遠くまで走ろうとおもいます。あまり日数がなくて、五日後には苫小牧からフェリーに乗らないといけなにので」
「なかなかハードな日程やね」
「そちらは、どちらまで・・・」
「そやねえ、雨降りで寒いから・・・、どこまで行こうかなあ」
「もしかして、仕事を辞めて来たのですか」
「はい、プータロウです」
「いいですねえ、すごいじゃないですか」
「全然、すごくはないですよ。毎日、繰り返される決まった行動に、少し疲れて逃げてきたようなものですから・・・」
「でも、やりたいことを、やるために、会社を辞めてまで行動するなんて、すごいことですよ。僕にはできないなあ」
「そうですかねえ、そんなすごいことじゃないと、思うけどなあ」
 夏樹は北海道での出来事を少し話し、寄ることができるのなら、常呂の船長の家と、厚岸の霧多布里と言う民宿が良かったと教えた。
「日程の状況で、なんともいえないですが、是非に寄ってみたいです。情報、ありがとうございます。ヒゲさんも、気をつけて旅を続けてください」
 とても丁寧で、好印象の青年だった。
「おぉきにぃ、ありがとう」


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2014.12.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/685-6bede8a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。