上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 国道36号をさらに西へ走り、豊浦から内陸へ入りニセコ方面へ向う。強くはないが雨は降ったり上がったりの繰り返しで、体感は相変わらず寒い。
 真狩村を走っている時に羊蹄青少年の森を見つけた。テニスコートや野鳥の森、フィールドッスレチィク、キャンプ場など野外活動全般が利用できる公園だ。施設内をゆっくりと走りながら様子を伺ってみた。まだシーズン前の平日で雨降り、誰もいないが管理棟には電気が点いている。管理棟近くに屋根のかかった炊事場を発見した、「あそこなら雨が降っていてもテントを張ってキャンプができる」今夜の食材探しにニセコ方面へ向った。
 ニセコ町内に入ると雨が完全に上がったようだ。スーパーを見つけ、さっそく食材探しを始めた。
 味のフライを一尾、ツナ缶と小さいレタス、トマト一個、缶ビールを一本かごに入れた。
「いらっしゃい。この辺りの人じゃないわね」
 店の名前の入ったエプロンを掛けたお姉さん(?) が声をかけてきた。
「はあ、真狩村のキャンプ場にテントを張ろうと思って」
「こんなに寒いのに、キャンプをするの・・・」
「はあ、あまりお金に余裕がないんで」
「じゃあ、これを持っていきなよ」
 そう言ってお姉さんは天ぷらの盛り合わせをくれた。
「ええんですか、おぉきにぃ、ありがとうございます」
「風邪を引かないようにね」
「はい」
 これも旅での出会いの一つ。
 再びバイクにまたがり、来た道を少し戻って羊蹄青少年の森へ。キャンプ場近くにある管理棟へ行った。キャンプ場利用は無料だった。炊事場の屋根の下にテントを張る許可をもらい、バイクも屋根の下に置くことができた。やはり今日のキャンパーは夏樹ひとりだった。
 炊事場には薪を使うコンロがあり、薪も少し置いてあった。僅かな知識をひねりだし、薪に火をつける事に成功した。長い枝を四本見つけてきて、それにグローブとブーツを挿し、コンロの前に置き乾かした。そして、その火を使って飯を炊いてみた。ガスを使わずになんとか炊くことできたが、コッヘルは墨で真っ黒になってしまった。
 星が幾つか見えてきた。明日は晴れそうだ。小樽港へフェリーで帰るイカ、タコさんを見送りに行く日だ。楽しみである。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2014.12.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/686-e8c6748d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。