上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑



 高校二年生になりユースホステル部にも、数名の一年生が入部した。新入部員は夏樹たち二年生よりも、学校として部活動の参加が必修だからという理由で、何でもいいから入部した、籍を置くだけのいわゆる『幽霊部員』がほとんどで、週に一回の活動日にも時々にしか顔を見せなかった。もちろん夏休みの旅行計画などには耳を傾けず、端から行く気はないようだ。
 そんな一年生に触発されたわけではないのだが、本村と田端も部室にも来なくなり、岡村は野球がやりたいと言って軟式野球部に転部した。同じ中学校から来た上田も辞めていった。
 そもそも、先生の目が届きにくい場所でみんながタムロできる所としてこの部室を見つけたのだから、活動内容にはなんの興味もない輩である。

「逢坂、今年の夏休みの旅行はどうする」
 夏樹が元気なく聞いた。
「春の奈良旅行はおもしろかったなあ。あんな感動を他の人にも味わってほしいのになあ」
 安達と三人だけが活動日に部室に集まり、たいした会話もなく出欠だけを取って解散となる。田代先生も、他の部活との掛け持ちなので、こちらからの用件がなければ、部室に顔を出すことはなかった。
 結局、今年の夏休みは体裁だけの自主活動ということになった。

「ナツ、今年の夏休みに海に行かへんか、知り合いの民宿が海からすぐのところにあるんや。赤川も誘って」
 飛沢からの電話である。
「もうひとり誘いたいやつが居んのやけど、かまへんか。おれとおんなじ高校なんやけど、中学校もおんなじやから、もしかしたらナツも知ってるかな」
「顔ぐらいは見たことあるかもな」
「ナツのことを話したら、わかるって言てたで」
「飛沢の連れ(友達)なら、おれはええよ」
 と言うことで、八月の初旬に四人で海へ二泊三日の旅行に行くこととなった。
 他に何の予定もない夏樹は二つ返事で了解した。このあたりで海と言えば日本海である。ユースホステルではないが列車に乗ることが出来る。
 赤川も一緒なら鉄道研究会の活動もできるし、ユースホステル部の自主活動がこれで一応は出来る。とにかく何処かへ行くことが夏樹は大好きなのだ。


  ランキングに参加しています
  下をポチッとクリックしてください。ご協力お願いします。
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ




スポンサーサイト
2008.10.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/69-717b771f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。