上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 風呂ももちろん、もともとこの部屋にあった風呂で、一人用のバスタブとシャワーだけの家庭用のものと同じだ。ユースホステルや民宿には決して存在しないであろうタイプのものだ。
 風呂からあがるとオーナーが、なにやら透明の袋に入ったものを持ってきてくれた。
「これ夕食に食べて」
 山女、虹鱒、アスパラだと言って夏樹の前に出した。
「お金は要らないから、いずれ地元で取れる魚や野菜、肉なんかを泊り客に安く提供しようと思ってね、今日は君に試食をしてもらって、どんなものかね。部屋の外にバーベキューコンロを用意しているから」
「おぉきにぃ、ありがとうございます」
「これも、飲んで」
 そう言って缶ジュースを二本くれた。
「炭を熾してくるから、少し待っていて」
 すぐに部屋から飛び出して行った。部屋の洗面所に置いてあったドライヤーで、伸び放題になっている髪を乾かした。何日ぶりのドライヤーだろうか、何となく清々しい気分に浸れた。
 オーナーが部屋の外から夏樹を呼ぶ声がした。先ほどもらった食材を持って外へ向った。
「はい、おにぎりも食べて。そして、この網で魚を焼いて・・・」
 なんとも楽しそうである。その時近くを走るバイクの音が聞こえた。少なくとも二台の大型のバイクの音だった。そのバイクは近づいてきて元気村の受付辺りで止まった。大きな丸いライトが二個、こちらを向いていた。
「おっ、お客さんかな・・・」
 オーナーは飛んで走って行った。まもなく上下を黒皮のライダースーツを纏った男二人が、大きな荷物を持ってやって来た。その後ろにはオーナーがなにやら透明の袋を、また持って来た。先ほどより少し大きめの袋だった。
「これ、ラム肉。お客が増えたから、今日は大サービス、一緒に食べて。それと、夏樹君だっけ、彼らにお風呂を貸してあげてね。同じ部屋を使って良いよっていったんだけど、どうしてもテントにするって言うからさ。だから風呂だけ君の部屋のを貸してあげてね」
「はい、もちろん、いいですよ」
「それと、君達はこの『元気村』の初めてのお客だから、全部無料サービス。その代わりこのチラシをこの先で出会った人に渡して、宣伝してきてね」
 そう言って手作りのチラシを数枚渡された。

                      元気村

・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2015.03.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/694-83acf96c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。