上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 張りぼて組も美大生を中心に順調に進んでいるようで、いつの間にか作り手が増えていた。祭りが目的の宿泊者たちが次々と手伝い始めたようだ。少しでも目立つようにと大きめの段ボール箱に新聞紙で肉付けをし、その上から模造紙を張り付け色を塗っていた。少しでも似た顔付を描くのは美大生の女の人だ。
 リング作りもほぼ完成したのだが、発泡スチロールの上にコンパネの板、四隅に棒を立てて紐をロープとして渡しただけではなんだかおもしろくないし、安っぽくみえた。
「上田ハーン、これだけではなんかおもろないと思いまへんかぁ。なんかないかなあ」
「そうやなあ」
「ここに乗るキャラクターの名前を大きく書いて、張ってみたらいいんじゃないですか」
 札幌の大学生が言った。
「それがええかも知れんなあ。たしか裏の小屋にベニア板が何枚かあったなあ、あれに紙を貼って名前を書こう」
 夏樹の言葉に三人は小屋へ向かった。
 リングに見立てた筏と、それに乗る漕ぎ手が被るキャラクター張りぼてが完成した。いつの間にか二十人以上の人たちが何らかの手伝いをしていたようだ。
「なかなか面白そうじゃない。明日がたのしみだね」
 ペアレントさんが奥の厨房から出てきて微笑んだ。森山が大きく手を上げて夏樹の前へ一歩出てきた。
「上田ハン、ところで誰が乗るんですか」
「あのなあ・・・、まあええか。浮くとは思うけど、少しでも軽い人の方がええのちゃうかなあ」
「体重が軽い人となると、女の人の方がいいのかなあ」
 札幌の大学生が言った。
「私、乗りたい」
 美大生が右手を上げ、大きな声で言った。
「はい、これで一人決まり。女子やからダンプかな」
「いいですよ、ダンプ美山で」
 美大生の名前が美山と知ったのは、この時だった。
「ほな、猪木は森山君ね。細いから軽そうやし」
「おれがのるんでっか、わし、泳げへんのです・・・」
「それは大丈夫、深いところでの大人の膝より少し上あたりまでしかないから」
「ペアレントさん、あの湖ってそんなに浅いんでっか。ほなまあ、泳げんでもだいじょうぶかなぁ・・・」
「ほな、決まりやな。残るはメインのキン肉マン」
「おれ、乗ってもいいですか」
 札幌の大学生が、遠慮がちに右手を上げて言った。

                  湖水祭り1


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2015.08.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/708-87e03c2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。