上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 イクサンダー大沼ユースホステルは、大沼湖畔にある。地図で確認しただけで、なぜかこのユースホステルに関する記録、記憶が全く無い。ただユースホステルへ向かう中山峠から長万部あたりまでは霧雨、泊まった翌朝も天気は曇りだったと記録にはある。
 函館のフェリーターミナルまでは四十分ほどで行ける。いよいよ北海道を離れる日が来た。一ヶ月と三日間の北海道滞在中はほとんど天気には恵まれず、曇りか霧雨の日が多く、バイクで走っている時は寒さとの戦いだった。
 またいつの日か、できれば雪の北海道に訪れてみたいと思いながら、憧れの地を後にした。
 北海道へ来るときは青森から青函フェリーに乗ったが、戻りは本州最北端の地、大間へ向かう船に乗った。それの方が時間も料金も半分で行ける。
 フェリーを降りると「なにわ」ナンバーのバイク二台を見つけた。女性ライダーだ。彼女たちも一ヶ月のあいだ北海道を回り、これから一ヶ月かけて大阪に帰るらしい。ほんの少しだけ会話をし、彼女たちはむつ市から南下すると言っていた。

                 本州最北端

 夏樹は本州最北端の碑で写真を撮り、どこかのユースホステルで聞いた「仏ヶ浦」へ行くため陸奥湾側へ向かった。国道の標識はあるが途中からは未舗装のダート道となり、とても走りにくい。大間から一時間ほど行くと「仏ヶ浦」の標識を見つけた。駐車場にバイクを停め、ここからは徒歩で向かう。遊歩道を二十分ほど歩くと高くそびえる奇岩が現れる。
 仏ヶ浦の字のごとく、まるで大きな仏像のような岩が連なっていた。どこかの国営テレビの特集で見た中央アジアの仏像群のような光景だった。海岸のはずなのだが、なかなか海が見えず波の音も聞こえない無音に近い状況。人影も全くなく、立ち止まって眺めていると、良いものか悪いものか判らないが、何かが出て来そうな雰囲気だった。曇り空も手伝ってか要するに薄気味悪いのだ。

  仏ヶ浦

         仏ヶ浦2

                  仏ヶ浦3
                         
 早々にこの場を引き上げ駐車場へと戻った。次に向かったのはさらに薄気味悪いのではないかと思われる「恐山」へと、未舗装のダート国道にバイクを走らせた。

・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2015.10.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/713-f46e0995

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。