上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑





 一両編成のディーゼルカーが停車した。駅に着いたと思った。しかし駅舎らしき建物もなく、ホームも見えない。どうしたのだろう、と思って車内や、窓の外をキョロキョロしていると、運転手さんが運転に使うレバーを持って、小走りに後ろへ行った。すると後ろからは車掌さんがまた、小走りに前へと走って行った。
 まもなく一両のディーゼルカーは今まで走っていたのとは逆の方へ動き出したのだ。

「いよいよこれがスイッチバックの最初の折り返しなんや」
 夏樹と安達は興味津々で、まだ山のあちらこちらに雪が残っていて、外は寒い。しかし、そんなことなどお構いなしに窓を大きく開けて、進行方向の左側に身を乗り出すように外を見た。
「この列車は下ってるけど、左側に上って行く線路が見えるで」
 夏樹の声が少し浮付いているようだ。
「そやなあ、ここを下って今、最初の折り返しで、さらに下って出雲坂根の駅に入っていくんやな」
 下りの線路をエンジン音も静かに、ゆっくりと進んだ、まもなく大きなダブルクロスのポイントを超えて小さな駅に滑り込んだ。

 駅舎も小さく、狭く短いホームにはこのディーゼルカーに乗ろうとする人はなく、降りたのも夏樹と安達だけだった。
「どちらへ行かれるの」
 駅員さんが声を掛けてきた。
「いえ、どこへも行きません。この駅に来たんです」
「じゃあ降りないの」
「いいえ降ります」
「降りるのだったら、切符を下さい」
「いや、駅からは出ません。次の下り列車が来るまで、この駅にいます」
「次の下りは二時間後にならないと、来ないですよ」
 胸の名札には駅長と書いてある。小さい駅だから駅長さん一人で何でもやらなければならいのだろう。

「二時間後ですか、それはまずいなあ、出雲まで着かなくなっちゃうなあ」
「夏樹、そこまでは計算せんかったんか」
「今乗ってきた列車は、登りの急行がくるので、ここに三十分止まってますよ」
 駅長さんが教えてくれた。
「えっ、三十分ですか。じゃあこの列車が出発するまで、この辺りをうろうろしています」

 夏樹と安達はカメラを取り出し、出雲坂根駅のホームを走り出した。



  ランキングに参加しています
  下をポチッとクリックしてください。ご協力お願いします。
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
スポンサーサイト
2008.12.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/91-ad2ada8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。