上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 張りぼて組も美大生を中心に順調に進んでいるようで、いつの間にか作り手が増えていた。祭りが目的の宿泊者たちが次々と手伝い始めたようだ。少しでも目立つようにと大きめの段ボール箱に新聞紙で肉付けをし、その上から模造紙を張り付け色を塗っていた。少しでも似た顔付を描くのは美大生の女の人だ。
 リング作りもほぼ完成したのだが、発泡スチロールの上にコンパネの板、四隅に棒を立てて紐をロープとして渡しただけではなんだかおもしろくないし、安っぽくみえた。
「上田ハーン、これだけではなんかおもろないと思いまへんかぁ。なんかないかなあ」
「そうやなあ」
「ここに乗るキャラクターの名前を大きく書いて、張ってみたらいいんじゃないですか」
 札幌の大学生が言った。
「それがええかも知れんなあ。たしか裏の小屋にベニア板が何枚かあったなあ、あれに紙を貼って名前を書こう」
 夏樹の言葉に三人は小屋へ向かった。
 リングに見立てた筏と、それに乗る漕ぎ手が被るキャラクター張りぼてが完成した。いつの間にか二十人以上の人たちが何らかの手伝いをしていたようだ。
「なかなか面白そうじゃない。明日がたのしみだね」
 ペアレントさんが奥の厨房から出てきて微笑んだ。森山が大きく手を上げて夏樹の前へ一歩出てきた。
「上田ハン、ところで誰が乗るんですか」
「あのなあ・・・、まあええか。浮くとは思うけど、少しでも軽い人の方がええのちゃうかなあ」
「体重が軽い人となると、女の人の方がいいのかなあ」
 札幌の大学生が言った。
「私、乗りたい」
 美大生が右手を上げ、大きな声で言った。
「はい、これで一人決まり。女子やからダンプかな」
「いいですよ、ダンプ美山で」
 美大生の名前が美山と知ったのは、この時だった。
「ほな、猪木は森山君ね。細いから軽そうやし」
「おれがのるんでっか、わし、泳げへんのです・・・」
「それは大丈夫、深いところでの大人の膝より少し上あたりまでしかないから」
「ペアレントさん、あの湖ってそんなに浅いんでっか。ほなまあ、泳げんでもだいじょうぶかなぁ・・・」
「ほな、決まりやな。残るはメインのキン肉マン」
「おれ、乗ってもいいですか」
 札幌の大学生が、遠慮がちに右手を上げて言った。

                  湖水祭り1


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
2015.08.09 / Top↑
 車の修理工場には古チューブは無かった。
「他に浮かせるものって何やろ」
 森山が言った。そのすぐ後に札幌の大学生が小さな声で何かを言った。
「えっ、いま何て言いました」
発泡スチロール
発泡スチロール・・・?」
「鮮魚店とかに行けば貰えるんじゃないですかねえ。あれでも数があれば浮くと思いますよ」
「ほな、スーパーとか、魚屋さんを探しに行きましょか」
 近くのスーパーマーケットから八個の発泡スチロールを貰った。
「蓋をして、テープで止めてベニア板に張り付ければ、充分に浮力は得られると思います」
「さすが現役大学生、計算が早いなあ」
「あとは段ボールのから箱と、文具店に行って模造紙と絵具かな」
「段ボールの箱はここのスーパーに積んであったから、もろてくるわ」
 森山が走って行った。文具店に寄る前に煙草店により夏樹がいつもの銘柄の洋モクを二個買った。
 必要そうなものを一通り買いユースホステルに戻った。夏樹と森山はユースホステルの物置小屋からベニア板を四枚引っ張り出し、使えそうな角材やベニアの切れ端などを使って四枚を繋ぎ合わせて四角いリングを作った。その片面に発泡スチロールを紐で括り付けた。同じぐらいの長さの角材を四隅に立てるために釘で固定し、三本の紐を等間隔で張った。旅先で大工仕事をするとは思ってもみなかった。
「上田さん・・・」
「俺は夏樹やって」
「ええやないですか、上田さん。紐を四か所に張ったら乗れませんやん」
「紐の下から潜って乗り込んだらええだけやろ」
「あっそうか。ほんまのプロレスもそうやってリングに上がるんやった。ほんでどうやってこの筏は前に進むんですか」
「ええっと・・・、この長めの棒で湖の底を押して進むっちゅうのはどうや」
 物置小屋から引っ張り出してきた材料の中に、物干し竿には少し短めの細い棒を見つけ、流し船の船頭さんのような動きを夏樹がした。
「いやあ、面ろなってきましたなあ、上田さん」
「・・・もう、」




・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
2015.07.26 / Top↑
「それ、面白いねえ。いいんじゃないですか」
 美大生が身をのりだし、笑顔が弾けそうだった。
「コンパネなら小屋の中に四枚ほどあったと思うよ」
 ペアレントさんが言った。
「ほなそれを四枚並べて、くっつけて、タイヤチューブの上に乗せれば浮くと言うことか。ほんで四隅に棒を立てて、紐を渡せばリングに見えるか」
 夏樹がその話を始めると同時に札幌の大学生が、ノートとペンを取り出し何やら計算を始めた。しばらく考えこみ、また計算をしてからおもむろに顔を上げ話し始めた。
「コンパネ一枚につきたタイヤチューブを二個ずつ付ければ、間違いなく浮きます。だいたいですがタイヤチューブの浮力と、コンパネの重さ、そしてそれに人間一人が乗るという想定で計算をしてみました」
「ええ、なにそれ、計算して浮くかどうかわかるんでっか」
 森山はとても難解な話についていけない様子だった。夏樹を含めた他のメンバーも少しついていけないようだ。
「ほな、タイヤチューブを探しに行きましょうか。どこに行けばあるかなあ・・・」
「車の修理工場なら駅裏の方に一軒あるけど、そこにないかな」
 ペアレントさんが言った。
「張りぼては段ボールの箱に古新聞を丸めて付けて肉付けさせ、模造紙を張って色を塗ればいいんじゃないですか」
「さすが、美大生、それなら軽いし大きく目立ったものが作れそうやね」
 土本もやる気まんまんのようだ。
「キン肉マン一人ではおもろないのとちゃいます。対戦相手もほしいでしょぅ」
「森山君、例えば誰がええと思う。キン肉マンの対戦相手なんか知らんで・・・」
「別にキン肉マンに出て来るキャラクターじゃなくても、いいんじゃないですか、あり得ない対戦、例えばプロレスと言えば、アントニオ猪木とか」
ダンプ松本も人気やで」
 美大生と森山が満面の笑みで顔を突き合わせていた。
「ほなその三人にしましょうか」
「夏樹君、車の免許もあるんだろ。家の車を貸すから材料集めに行っといで」
「おれですか。免許はあるけど、あんまり運転をしたことがないんでけど」
「じゃ、僕が運転しましょうか、今日も車で来ていますから」
「お願いしますわ、ほな行きましょか。まずは車の修理工場へ」



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録

2015.07.18 / Top↑
「自分も筏レースに参加するんやろ」
 夏樹は森山の肩を右手で軽く叩いた。
「もちろんやないですか、そのために先に用を済ませて来ましたんや」
「用って、なんなん」
「いろいろと・・・、野暮用ですがな。まあ、よろしいやないですか」
「まあ、ええは。ここにいる人全員が自己紹介をし終わったとこやねん。次は森山君の番やで」
「ええっ、大阪から来ました森山です。この先どこへ行こうか、何も決めてませんけど、まあしばらくは北海道に居ようかなあと思てます。よろしく」
 森山は軽く頭を下げた。
「ところで、筏レースって言うけど、内容はどんな感じなんですか」
 夏樹がペアレントさんに聞いた。
「クッチャロ湖に手作りの筏を浮かべて、途中まで行って戻って来るだけなんだけど、速さより、美術点に重きをおくらしいから」
「速さより、見た目と言うことですか」
「たぶんね。去年も一番速かったチームよりも、美術点の高い筏が一位だったよ。だから、とりあえず筏は浮けばいいのよ、速いに越したことはないけどね」
「簡単に浮かせるには、車のタイヤチューブが一番手っ取り早いかな。それにべニア板を敷いてはいかかがでしょうか」
 札幌の大学生が言った。
「美術点と言うことは、みんなに人気があればいいんじゃないの、特に子供たちに人気のあるものとか・・・」
 美大生がニコニコと微笑みながら言った。今日、ここで知り合った人たちと何かを創ることが、とても楽しそうな顔をしている。
「子供に人気のあるもの・・・、いまテレビ漫画って何が流行ってんのやろ」
キン肉マンとちゃいますか」
 森山が自信たっぷりに言った。
キン肉マンって、プロレスの漫画かいなあ」
「上田はん、キン肉マン、知りませんの」
「えらい、すんませんなあ、あんまりテレビは見てへんしなあ」
「じゃあ、キン肉マンの張りぼてを被ってレースに出たら、面白いんじゃないですか」
 美大生が提案した。
「面白いなあ、ほなリングに見たてた筏にしたらどうやろ」
 土本か初めて発言した。

・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
2015.07.12 / Top↑
 浜頓別ユースホステルには二時ごろに着いた。すでに三人のホステラーが湖水祭りに参加するために来ていた。
「おっ、夏樹君お帰り。前と同じ部屋を使ってね。とりあえず、いま君を入れて四人いるから、さっそく筏作りの相談をしてくれるかな。どんなものを作るかは、君たちに任せるから」
「はい。ところで森山君は・・・」
「どこかへ行っちゃったみたい。夏樹君が牧場へ行った日に、どこへ行くとも言わずに行っちゃった」
「なんだ、一緒にお祭りに出ようなあって言うてたのに」
「ヘルパーたちも時間がある時は手伝わせるから、頑張って。多少の予算はあるから、とりあえず今いる人で話し合って」
 食堂に集まり筏作りの相談が始まった。一応、議長的存在としてペアレントさんにも参加してもらい、議事進行してもらった。
「とりあえず、皆さんの簡単な自己紹介をしましょうか、夏樹君から」
「えっ、僕ですか」
「ここでは最古参だからね」
「はあ、じゃあ、京都から来ました夏樹です。プー太郎してます。一週間ほど前にたまたまここへ泊まったら、お祭りがあるということで参加するために戻ってきました。今朝までは近くの牧場で少しお手伝いをしてました。よろしく」
「そのお隣の方」
「三木です。東京の大学三年生です。自転車で北海道を回ってます。一応、美大なんで絵を描くのは得意なんで、お任せください」
「村田です。札幌の大学二年生です、よろしく」
「埼玉出身の中山です。俺もプー太郎してます」
 そこへ突然現れたのが森山だった。
「おそなって、すんません。上田さんも来たはったんや」
「上田さんて誰のことや」
「夏樹さんことですがな。歌手の上田正樹にそっくりやもん、みなさんそう思いませんか」
「突然来て何を言うてんの、ほかの人は何のこっちゃ、わからへんから不思議な顔をしたはるやんか」
「いや、不思議という顔やないですよ、笑ろたはりまっせ」
「狙うたわけやないけど、うけたみたいやなあ」
 この後、ヘルパーをしていた土本も加わり関西弁が公用語のように飛び交うことになってしまった。

・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
2015.07.05 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。